管理人の薄毛改善実践記

みかみの髪質とヘアスタイル遍歴

こんにちは、みかみです。

今回は私の髪質と、ヘアスタイル遍歴についてお話しします。

似たような髪質の方なら、私のヘアケアや薄毛対策は有効かもしれないので、少しでも参考になれば嬉しいです😊

みかみのヘアスタイル遍歴

私の髪質は、母親からの遺伝で少しブラウンです。

生まれたばかりの頃は赤茶髪だったそうですが、成長するにつれて自然と黒髪になっていきました。

三つ編みウェーブができない

小学生の頃はロングヘアでした。
学校で三つ編みウェーブが流行ったことがあり、お風呂上がりにせっせと三つ編みをして寝ました。

翌朝、ワクワクしながらゆっくり髪ゴムを外して、手ぐしで髪をほどいてみましたが・・・

???思ったほどフワフワしない。

三つ編みのクセがついたんだな、とわかる程度にはうねってましたが、イメージしていたクルクルでふわふわな感じとは違ってました。

それすらも、お昼頃には取れてきてしまって、家に帰るころにはいつもと同じストレート。

数回チャレンジしてみましたが、三つ編みでは自分がイメージしている髪型にはなりませんでした。

今思えば、髪が健康でしっかりしていたからクセがつかなかったんですね。

中学生になりバッサリとショートヘアにすると、クラスメートの男の子から、

髪切っちゃったの?!キレイな髪だったのにー

と言われました。
(今思うと、中学生でそんなことを女子に言える男子すごいな)

特にヘアケアを意識したことはなく、シャンプーも家族共用だったので、髪質については恵まれていたのだと思います。

カラーリング、パーマで髪が痛むことを知る

高校生の頃は茶パツに憧れて、オキシドールで脱色。
フリーター時代はブリーチで脱色してから青色にカラーリングなど、いろいろやりました(笑)

社会人になってからは、女性らしさに憧れて、デジタルパーマやエアウェーブをするように。

美容院でのオーダーは、カラーリング+デジタルパーマ。
フワフワな髪にはなれましたが、毛先の痛みなどが気になるようになったのはこの頃からです。

デジタルパーマ、カラーリングの卒業

30歳ころからダイエットのためにランニングを始めました。
走るのは基本的に朝。
そのため、走る日は朝と夜の2回シャワーを浴びるようになります。

髪を洗うたびにパーマがとれてしまうし、パーマの髪へのダメージも気になる。

そもそも自分がフワフワ女子タイプではないことに気づき、パーマは卒業することにしました。

その後もカラーリングは継続。
しかし、カラーリングでも痛むことには変わりません。

どんなに自然なカラーでオーダーしても、2ヶ月くらい経つと色が明るくなってしまう髪質。

地毛が伸びてくると、カラーリングした髪との境目がはっきりわかります。
そのたびにまた美容院に行ってカラーリング。

しかし35歳の頃に薄毛が気になりだし、できるだけ頭皮にダメージを与えないようにとカラーを卒業しました。

カラーリングをやめ、美容院ではカットとトリートメントのみになりました。
頭皮へのダメージは減るし、美容院代もかからなくなったので一石二鳥。

ちなみにこの頃もまだ、会社の同僚や友人から

髪キレイだよねー

と言われておりました。

髪のキレイ度と薄毛はあまり関係性はないようです。

年齢と共に髪質が変わってきた

40歳近くになり、髪の老化を感じるようになりました。

もともと細い髪はさらに細くなったし、そのせいで汗や湿気に異常に弱くなりました。
梅雨は常に髪がうねってる状態です☔️

さらに人生初の白髪が出てきたりして、老化をリアルに感じるようになりました。

今の髪質はこんな感じ。

髪に年齢を感じるようになって思うこと

20代前半までは髪について悩んだことなんでありませんでした。

しかし薄毛と老化の恐怖が忍びよってる今、自分の女性としてのアイデンティティは髪だと強く感じています。

なんだかんだ言って、髪は女の命。

髪は女性としての魅力を一番わかりやすく伝えるパワーを持ってます。

歳を重ねても、年相応の女性らしさを保っていたい。
おばあちゃんになってショートヘアでも、フサフサで若々しくいたい。

そのために今できる対策を全力でしたいと思います❗️