女性の抜け毛・薄毛対策

女性ホルモンが減ると薄毛になる?増やすことはできるの?


こんにちは、アラフォーど真ん中、40歳のみかみ(@usugejyoshi)です。

薄毛になった理由として思い当たるのは、色々ありますが、やはり年齢的な影響が1番大きいと思っています。

今回は、女性ホルモンが減ると薄毛になるのか?女性を増やすためにはどうしたらいいのか?について調べてみました。

女性ホルモンと髪の毛の関係

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンという2つの代表的なホルモンがあります。

エストロゲンは、女性らしい体を作るホルモンで、肌や髪の毛を健康に保つための役割も果たしています。
エストロゲンの分泌が活発であればあるほど、髪の毛の成長も活性化します。

逆に女性ホルモンが減ってくると、当然髪のツヤなどは失われます。

さらに女性ホルモンが減ることで、女性の身体にも存在している男性ホルモンの影響を受けることがあります。
(男女ともに、男性ホルモンと女性ホルモンの両方が存在している)

女性が男性ホルモンの影響を受けると、男性が薄毛になるのと同じように、女性も薄毛になります。
薄毛のパターンは男性とは異なり、生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなるようです。
(女性男性型脱毛症、またはFAGAと呼ばれます)

美容を教える化学の先生、かずのすけさんも以下のようにツイートしています。


キレイな髪のためには、女性ホルモンは欠かせないということですね。

女性ホルモンは40歳前後から減ってくる

女性の身体は40歳を過ぎたころから卵巣機能が徐々に衰え、エストロゲンの分泌が減ってきます

エストロゲンは皮膚や骨、内臓、筋肉、脳、血管など全身の働きに大きな影響を与えます。
そのため、エストロゲンの分泌が減ってくると、これまで感じたことのない不調を感じるようになるのだとか。

さらにホルモンバランスが乱れると、自律神経の調節が乱れるため、ほてり・のぼせ・冷えなどの症状が出てくるようになります。
これが『更年期障害』です。

女性ホルモンを増やすためには

残念ながら、女性ホルモンは増やすことはできないそうです。
年齢と共に減っていくばかりなんだとか。

みかみ
みかみ
なす術なし

女性ホルモンそのものを増やすことはできないので、

  • 女性ホルモンをコントロールする
  • 女性ホルモンを補う

という考えかたをする必要があります。

お肉を食べると女性ホルモンが多く分泌される?

食べもので女性ホルモンを増やすことはできません。

女性ホルモンのもとはコレステロールですが、「【薄毛対策】タンパク質ならなんでもいいわけではない?髪の毛にいい食べものは○○」の記事のとおり、コレステロールの8割程度は肝臓など体内で作り出されています。
食べものから摂取できるのは2割だけ。

そのため、
特定の食べもので女性ホルモンを増やす
というよりも、
低脂肪・高たんぱくでビタミンやミネラルを含む食事をバランスよくとって、身体全体の底上げをする
ことが大切です。

【育毛剤の前に】ヘナヘナでハリ、コシのない髪にはプロテイン 育毛のため、せっせとタンパク質をとっているみかみ(@usugejyoshi)です。 「【薄毛対策】タンパク質ならなんでもいいわ...

大豆製品は女性ホルモンに似た働きをする?

豆腐、納豆、きな粉などに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。

特に、大豆イソフラボンがエクオールという成分に変換されると、より女性ホルモンに似た働きをするのだとか。

みかみ
みかみ
やっぱり大豆か!

しかし、体内でイソフラボンをエクオールに変換できる人とできない人がいます。

体内でエクオールに変換できるかは、腸内細菌によって決まるそう。
腸内細菌は子供の頃に決まってしまうので、大人になってから腸内細菌を持つことはできません。

日本人だと、エクオールに変換できるのは2人に1人なんだとか。

自分がエクオールを作れるかどうか、すごく気になりますよね。
せっせと毎日お豆腐を食べていても、それが女性ホルモンの代わりになっていないとしたら…ちょっと悲しい。

実は検査キットで簡単に買えるのです。

エクオール検査「ソイチェック」 (通常版)
株式会社ヘルスケアシステムズ
売り上げランキング: 845

結構受けているかたもいるようで、ネットで調べてみると色んなかたの検査結果をみることができます。

女性ホルモンのためなら、大豆イソフラボンをとるよりも、サプリなどでエクオールをとったほうが手っ取り早そうです。

女性ホルモンを増やすならホルモン補充療法という手がある

食べもので増やすことのできない女性ホルモンですが、ホルモン補充療法というものがあります。
日常生活に支障のあるレベルでの更年期障害を緩和させるために婦人科などで受けることができるようです。

ただ、ホルモン補充療法で乳がんの発症率がごくわずかに増加したという報告もあるため、ホルモン補充療法を受ける場合には、血液検査をしたほうが良さそうです。

食べもので女性ホルモンは増えないが、似た働きをするものをとることはできる

いろいろ調べてみましたが、結局、食べもので女性ホルモンは増えないようです。
そのため、

女性ホルモンをコントロールする
女性ホルモンを補う

という考えかたをする必要があります。

エクオールを作れる身体なら、イソフラボン摂取でいけそうです。
私たちの身体は食べものからつくられているので、バランスの良い食事は大前提。
その上で、この歳になると食べものだけで体質を変えるのって厳しいな…と実感しているところではあります。

手軽に簡単に対策するならエクオールサプリだよね。



まずは、エクオール検査してみようと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください