みかみの6ヶ月HARG療法体験記

女性の薄毛対策はいつから始める?対策が遅かった私の場合

「なんとなく髪のボリュームが少なくなってきた」
「なぜか前よりも髪型が決まらない」

そう思っても、特に対策をしない人は多いと思います。
私もそんな中の1人でした。

そのささやかな髪の変化は、薄毛のサインです。

薄毛対策はいつからすれば良かったのか、私の場合を踏まえてお話ししようと思います。

薄毛が気になりだしたきっかけは、『つむじの地肌が目立ってきた』こと

みかみ
みかみ
髪の毛が薄くなってきたかも…

はじめてそう感じたのは、30代前半の頃です。

職場のビルのエレベーター前に、大きな鏡がありました。

その鏡は、正面ではなく、真上でもなく、斜め上に設置されていました。
鏡を見上げると、エレベーターを待っている人全員を見渡せるような鏡です。

私はエレベーターを待っているときに、その鏡で身だしなみチェックをするのが習慣でした。

ある日の朝、エレベーターを待ちながらいつものように鏡をみていたときのこと。

ふと視界に入った自分の頭頂部を見て、
『あれっ?!』
と違和感を覚えました。

鏡は斜め上に設置されているので、顔を見上げれば自分の顔が見えます。
顔を見上げずに目線だけを鏡に向けると、自分の頭頂部が見えるのです。

なんか、つむじの地肌が見えてる?

それまで髪のことなんて気にしたことがなかったので、衝撃を受けました。

いやいや、気のせいかも。
その日だけ髪の毛がぺしゃっと潰れてて、たまたま地肌が目立っただけなのかもしれない。

そう思いつつも、その日以降、毎朝エレベーター待ちのときに頭皮の状態をチェックするのが習慣になりました。

『今日はだいじょうぶかな』
『ん…?今日は分け目変えたほうがいいかも』

そんなことを気にするようになりました。

髪の分け目が気になるけど、気にしすぎないようにしてた

しばらくしてその職場からは移動になり、大きな鏡で自分の頭頂部を目にすることなくなりました。
自分で見えないと気にしなくなるものです。

ただ、なんとなく意識するようにはなりました。

鏡を見るときには必ずチェックするようになったし、
写真に写った自分を見ると、
『やっぱりボリューム減ってきてるのか?』
と感じたり。

通勤電車で立っていると、つい、座っている女性の頭皮に視線がいってしまったりするようになりました。

それでも、ある程度は仕方ないと割りきってもいたのです。

年齢とともに髪のボリュームがなくなるというのは、よく耳にします。
みんながそうなんだから、それほど気にすることでもない。
「もう歳だしね〜」と笑って開き直れればいいかと、楽観的に考えていました。

しかし、そんな私の想像をあざ笑うかのように、容赦ない通告を突きつけられたのです。

女なのにまさかの髪の毛後退、ハゲの恐怖

30代の後半に入ってきたころから、抜け毛が増えてきました。

朝起きると、枕に抜け毛がちらほら目立ち、
顔を洗ってブラッシングすると洗面台に抜け毛が散らばり、
夜お風呂で髪を洗うと、排水口にごっそりと溜まり、
ドライヤーで髪を乾かしていると、また洗面台に抜け毛が…

この頃には、鏡を見なくてもボリュームが減ってきているのはわかるようになっていました。

手で頭を触ると、地肌までの距離が短い。
『えっ!すぐ地肌じゃん』
という感覚です。

なんとかしたいと思っていましたが、何をどうしたらいいのかわかりませんでした。

ある日、どうしたもんかな〜と思いつつ、いつものようにお風呂あがりに化粧水をペタペタ塗っていました。
化粧水をつけるとき、髪の毛につくのがイヤなので、タオルで髪を巻いています。
するとオールバックになりますよね。

その姿を見た夫が、衝撃的な言葉をぶち放ってきたのです。

「なんか生えぎわ薄くなってる?女の人でも薄くなるんだね」

ひえ〜〜〜やっぱりって思いました。

全体のボリュームとは別に、前髪が薄くなってきていたのです。
そのせいで、以前より髪型がうまくまとまらないと感じることが増えていました。

その頃の生え際はこんな感じ。

『薄くなってきた?』と感じたときが対策を始めるとき

自分でも薄々わかっていた状態をハッキリと指摘されて、『これはヤバいレベルだ』と確信しました。

もしも自分が男性だったら諦めがついたかもしれませんが、女の自分には諦めることはできません。

これ以上薄毛が進行したら、会社に行くことすらできなくなってしまう。

初めてクリニックでカウンセリングを受けたとき、毛髪診断士の方に言われた言葉を今でも覚えています。

『薄毛は進行することはあっても、自然と治ることはありません』

関連記事>>>美容クリニックで初めてカウンセリングを受けたときの話

髪の毛が生えて、普通の長さまで伸びるのは時間がかかります。

1ヶ月に1cm。
1年でもたったの12cmです。

いざ治療を始めても、実際に元の状態に戻るまでには時間がかかります。

私はHARG療法のおかげで発毛を実感するまでは早いほうでしたが、そこから普通の長さになるのには当然時間がかかりました。
髪の毛が伸びる時間も考えて、早めの対策をすることをオススメします!

関連記事>>>私が薄毛改善したHARG(ハーグ)療法について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください