健康・美容

【シンプルファッション】ミニマリストの買い物ルール


できるだけ少ない枚数で、シンプル上品に。
それが私の理想です。

だけど気がつくと、クローゼットにはしっくり来ない服ばかりが増えていく。

みかみ
みかみ
買うときは、自分が気に入って買ったはずなのに…

洋服選びあるあるですよね。

(幸い、私は一番ファッションにお金をかけたい年頃にお金がなかったため、被害額は少ないですが)

そんなクローゼットにウンザリし続けた結果、自分なりの買い物ルールができあがりました。

ここでは最小限の労力で、お気に入りの服だけが揃う方法をまとめてみました。

やりがちな買い物失敗談

バーゲンなどで1日ショッピングに費やし、50%オフ!などの文字にテンションが上がってしまい、セールなどで安くなっている服を試着をせずに買ってしまうこと。

後日改めて着てみて、

みかみ
みかみ
あれ?思ったほど似合わない…

と気づき、結局ほとんど着ないままタンスの肥やしとなるパターン。

なぜこんな行動をやってしまうのでしょうか。

『お得感』だけで買っている

バーゲンセールに来ている時点で、安くなっている服をたくさん買うぞ!というスタンスで来ているので、ムダに前のめり。

目的が得をすることになってしまっている。

10,000円の服が50%になっていると、『5,000円得する!』と思ってしまっている。

→そもそも5,000円使う時点で、お金を使うことになるので、得してはいない

→結果的に着なかった場合、むしろ損している

セールだと人混みがすごすぎて試着する気が失せる

その結果、似合う服ではなく、好きな服を選んでしまう。
好きな服と似合う服は違います

→試着する気が失せるくらいなら、セールに行かない。

また、どんなに気に入ったデザインでも、実際に試着してみないと、自分に似合うサイズ感なのかもわかりません。

そもそもセールでは、自分のサイズや好みの色などが売り切れていることが多い

『買い物をした!』という満足感を求めている

せっかくショッピングに行ったのに、何も買わないのは損した気持ちになる

→心理学でいうコンコルド効果(サンク・コスト効果)というもの。

気になる映画があったから、映画館に入ってみた。
だけど少し観て、明らかに面白くないと感じた。
だけど、途中で帰ると映画代がもったいないから、とりあえず最後まで観ることにした。

これがコンコルド効果。

この場合、お金を損したくないから最後まで映画を観るという選択をしてます。
しかし、面白くない映画に費やした時間については考えていないんですよね。

→気に入ったものがないなら、買い物しないのが正解。

ショッピングに行った時間は、自分のテイストを確認する時間、流行りを勉強する時間だったと割り切りましょう。

スポンサーリンク



買い物失敗を防ぐためのルール

バーゲンセールは避ける

バーゲンセールに行かないメリットは、実は多いのです。

  • 自分のペースで買い物ができる
  • 体力的に疲れない
  • 良いものを見る目が養われる

同じような理由から、私は通販でも買わないようにしています。

写真では実物と素材感や色味が違いますし、セールと同じように、値段で買い物をしてしまいがちだからです。
唯一、型番がわかっているようなものは買いますけどね。

値札は見ない!

気に入った商品があったときに、値札を見ると、
『お、この値段なら買ってもいいかな』
とか、
『げげ、思ったより値段するなぁ』
など、どうしても値段の影響を受けてしまいます

でもその商品の値段が、5,000でも20,000だったとしても、商品自体には変わりないのです。

だから、常に
『これが予算より高い値段だったとしても買いたいか?』
と問いかけるようにしています。

気に入った服なら、5,000で買ったものでも、20,000で買ったものでも、着る頻度は高いのです。

ミニマリストの買い物ルール

気に入った+試着してもOKだったものは、色違いで大人買い

買い物に失敗しないルールがある上で、効率良く買い物する方法があります。

パッと見て『これ素敵!』と目に止まり、更に試着してみてしっくりくる服って、意外と少ないもの。
だから『これは!』と思ったものは、色違いで揃えるようにしています。

デザインよりも、色が違うほうが相手に与える印象を変えやすい

これはトップスとボトムスでも、靴でも使える技なので、かなりオススメです。

ニットなどの傷みがわかりやすい素材は最低限に

ニットなど痛みが目立ちやすい素材は、結果的に買い替え頻度が増すので、コストパフォーマンスは良くないです。

昨年、気に入ったニットを購入し、そればかり着ていたら今年はすでに毛玉っぽいのができてしまいました。
もうここぞという時には着れなくなってしまいましたね。

どんなに質が良くても、ニットには限界があります。
今年は暖かそうだけどニットじゃないものを購入してみました。

季節感があ素材も最低限に

シーズン限定の服だと、そのシーズンしか着れないので、どうしても数は増えてしまいます。

とは言っても、夏は半袖を着るし、冬は暖かそうな生地を選んでしまうもの。
そこをどうにかして最低限の枚数に抑えたいですね。

夏に関しては、汗問題があるので、洗濯の周期に足りる程度の服は必要。
それ以外のシーズンは、できるだけ共有したいです。

冬はできるだけ重ね着で対応。
ニットは上に書いた通り痛みがわかりやすいので、やはり避けたほうが無難です。

インナーにヒートテック系のものを着ておくと、意外と寒さ対応できるものです。

スポンサーリンク



自分に似合うファッションを知る

自分が好きなファッションと、他人から見て似合う服が合わないということはよくあります。
私は夫によくダメ出しされますが、異性からの視点は参考になることもありますね。

自分で『これはOK!』と思ったもの以外でも、人の意見を取り入れてみるのはありです。

プロにアドバイスをしてもらう

身近にアドバイスしてくれる人がいない場合、プロに見立ててもらう、というのが最適。

私も先月申し込んだのですが、結局、予定が合わなくなってしまって断念しました。

みかみ
みかみ
人生で一度はやってみたいので、また機会を改めて申し込もうと思っています

申込みにあたり、お買い物に同行してもらう時は、平日を利用したほうが良いですね。
土日だと混雑するので、ムダに時間を費やしてしまいそうです。

なりたいテイストを決めて、ブランドを統一させる

これが1番てっとり早い方法。
なりたいテイストの服を取り扱ってるブランドだけを買う!

テイストは統一するし、お店の価格帯もわかっているので安心して買い物できます。

ショッピングする時も、行くお店が決まっているので、ムダにウロウロしなくてすみます。

アラフォー会社員が選ぶ、シンプル上品テイストのブランドは?

年齢とともに体型が変わってきた。
体型は変わってないのに、これまでの服が似合わなくなってきた。

この現象で、どこに服を買いに行けばいいのかわからなくなった私が、アラフォー会社員向けにオススメのブランドをまとめてみました。
悩んでいるなら、一度見てみてくださいね。

PLST

ウォームリザーブワイドパンツ

23区

DOUX ARCHIVES

大人の女性のための上品シンプルファッション。
お手頃価格なのも嬉しい。

昨年の夏は、こちらで気に入ったトップスに出会い、4色色違いで購入。
夏はほぼそれで過ごしました。

商品の半分くらいはリゾート風な休日ウェアもあるので、そちらは避けています。

DoCLASSE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください