健康・美容

食生活を見直すために知っておきたいこと


あなたが今日食べたものは、なんですか?
それを選んだ理由は?

こんにちは、みかみ(@usugejyoshi)です。

わたしはいつも、ランチは通勤途中のコンビニで買っています。
お弁当を用意するのが面倒だし、荷物になるのがイヤだからです。

なんとなく選んでいると思ってる食事でも、それを選んでいる理由があります。
それに気づかないと、理想の食事と現実のギャップで挫折してしまうでしょう。

食生活を改善するときに、失敗しないためのポイントについてお話をします。

食生活を見直すときの基本的な考えかた

抜け毛・薄毛をふせぐためには、食生活を見直すことは避けては通れません。
抜け毛・薄毛は、髪だけの問題ではなく、身体全体の問題の結果だからです。

食生活を見直すにあたっては、2つの方向からアプローチすると効率的です。

  1. 身体に悪いものをとらない
  2. 身体に良いものをとる

どんなに身体にいい食事をとっていても、それ以上に身体に悪いものを食べていたら効果は半減します。
むしろマイナスに作用するほうが大きいです。

身体に悪いものを口にしないことは、身体にいい食事をとるより大事なことなのです。

身体に悪いものをとらない

身体に悪いものは、主にこの3つ。

  • 化学調味料、ジャンクフード
  • 揚げもの・脂っこいもの
  • 砂糖、甘いもの

とくに揚げもの・脂っこいもの、砂糖については「【糖化と薄毛】甘いものを食べすぎると頭皮が老化する」という記事で書いたとおり、身体全体が老化していく原因になります。

【糖化と薄毛】甘いものを食べすぎると頭皮が老化する こんにちは、老化の波が押し寄せてきているのを感じているみかみ(@usugejyoshi)です。 先日、職場でコピーをとっていた...

以前の私の食生活も、完全にアウトでした。

朝は基本食べない。

お昼はコンビニのサンドイッチかパン。
過去にはお弁当を持ち歩いていたこともありましたが、続けられなくて諦めました。

ときどき夕方にチョコレート食べて、夜はスーパーのお惣菜の日が多いです。
そして夕食後のデザートが必須。

ダイエットのために、食べる量は減らすけどお菓子は減らさない…完全に間違った食生活でした。

身体に良いものをとる

髪の毛にとって特に大切な栄養素はこれら。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム

タンパク質は必須です。

【薄毛対策】タンパク質ならなんでもいいわけではない?髪の毛にいい食べものは○○ 薄毛対策とダイエットを両立させたいみかみ(@usugejyoshi)です。 栄養バランスを考えずにやたらに食べる量を減らすと、私の...

髪の毛はタンパク質でできています。
しかも身体の末端なので、髪の毛に栄養が届くの一番最後です。

食生活を改善しようと努力した結果

結論から言うと、そもそも検証するほどの改善ができませんでした。

食生活を変えるのはむずかしい。
普段の生活に取り入れられる部分しか、取り入れられなかったです。

せいぜい、

みかみ
みかみ
ちょっとたまご食べる頻度を増やそうかな?

とか、

みかみ
みかみ
タンパク質とれる食べもの選ばないとな〜

とか。

なんとか食事で必要な栄養がとれれば…と思ったけど、ムリ!

改善する必要はあるとわかっていても、いきなり効果が出るわけでもないので、忘れがちです。

そんなレベルなので、意識してても必要な量はとれてなかったと思います。

みかみ
みかみ
サプリでとったほうが圧倒的に早いわ

と思ってしまいがちでした。

理想はもちろん自炊ですが、そんなのほぼムリ…

せめて買うもののセレクトを変えたいところ。
食べ物の選びかたを変えることで、身体に悪いものをとらないのと、身体に良いものをとることが両立できます。

夕食後のおやつとかも、甘いものからタンパク質がとれるものへシフトしたい。

とりあえず、毎日職場で飲むものをコーヒーからいろはすに変えました。
ランチもサンドウィッチから薄毛対策のタンパク質補給ランチに変えました。

結論としては、
『髪のために食生活を改善することは大事だけど、食生活を変えることはとても難しい』です。

ただ、アラフォーなのでダイエット、アンチエイジング、健康年齢の向上などの視点から考えると、食事の見直しはもう必須というか。

食べものを選ぶ基準を、
おいしそうだから
よりも
身体にいいから
に変える必要がありますね。

『ふわふわなパンを食べてたら、ふわふわしたキラキラ女子になれるかも』なんてアホな理由で食べるものを選んでる年齢じゃないってことです。

食生活の改善がむずかしい理由

理由の1つとして、食生活を変えたことによる効果がわかりづらいというのがありますが、客観的なアドバイスをくれる人がいない、というのもあります。

薄毛対策って、自分との戦いです。

ダイエットも同じだけど、ダイエットの場合は仲間が多い。
誰でもダイエットというものを認知しているし、女子であればもう女子中学生からお年寄りまで、天気の話題と同じくらい誰とでもできる話なわけです。

だけど薄毛の場合、そうはいきません。

薄毛で悩んでるのは女性の中でも一部なので、おおっぴらに人に話せるものじゃないです。
薄毛度合いがどうというよりも、自分の女性としてのアイデンティティを揺るがす部分なのかなーと思いました。
同じ悩みを抱えている人なら、まだ話やすいですけどね。

食生活の改善がむずかしい、もう1つの理由

健康的な食生活は、誰もが理想としています。
でも現実的にはむずかしい。

その理由として、「いそがしくて時間がない」という人は多いのではないかと思います。

理想の食生活をおくるためには、

材料を決める
材料を買いに行く
調理をする

働いてる身ともなれば、

お弁当につめる
お弁当を持っていく
お弁当箱を洗う

これだけの工程が増えるのです。

身体のために食事に気をつかう必要があるとわかって、お弁当生活に変えることのできる人がどれだけいるでしょうか?
(もちろん、変えられたらベストです)

1日は24時間しかありません。
そのなかで、何にどう時間を使うか。

自分のなかで優先順位を決めて、できる範囲でベストな選択をする。
ムリのない範囲で続けることが、最終的にいい習慣になるとだと思っています。

そんなわたしの現在の抜け毛・薄毛対策はこちら。

私の抜け毛・薄毛対策2019年2月末から薄毛治療を始めました。 このページでは、今やってる治療、抜け毛対策・育毛活動についてまとめています。 現在やって...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください