女性の抜け毛・薄毛対策

【糖化と薄毛】甘いものを食べすぎると頭皮が老化する


こんにちは、老化の波が押し寄せてきているのを感じているみかみ(@usugejyoshi)です。

先日、職場でコピーをとっていた時のこと。
ふと自分の手の甲に目を向けて、ギョッとしました。

肌のキメがとっても荒く、明らかに年齢を感じさせる手になっている。

いつの間にこんなことに…

みかみ
みかみ
アンチエイジングなんてしなくても年齢なりの見た目で別にいいもん。
シワシワでも笑顔の魅力的なおばあちゃんになるんだ~

なんて考えていた自分に喝をいれたい。

身体を老化させる一番の原因は糖化

私がアンチエイジングに励むきっかけになった、皮膚の老化。
これは体内のタンパク質(コラーゲン)が糖化して、肌の張りと弾力性を失わせた結果なんだそうです。

糖分(炭水化物)の摂りすぎで余った糖質が、体内のタンパク質と結びついてAGEsとなり、糖化を引き起こすんだとか。

揚げ物や、グリルなどで美味しそうなキツネ色になっているものが、AGEs。
糖化したものを食べても、 糖化促進してしまうらしい。

揚げ物、スイーツ…美味しいものは大抵ヤバいですね。

そして、糖化は薄毛や白髪の原因にもなります。

頭皮も皮膚なので、糖化すると、顔や手と同じようにタンパク質が糖化して、肌の張りと弾力がなくなります。
その結果、毛が育ちにくい環境になってしまい、毛が細くなってしまうのです。

糖化させないためには、まず食事の見直しですよ。

糖化させない基本ルールは食事

糖化を防ぐために注意したいのがこれら。

  • 血糖値を急激に上げない低GIの食べ物を摂る
  • キノコや野菜など血糖値がゆるやかに上がるものから順に食べる
  • 食後1時間の間に軽い有酸素運動をする
  • じゅうぶんな睡眠を摂る
  • 紫外線対策

当然ですが、甘いものを控えるのも立派な糖化対策です。

甘いものを食べながらアンチエイジングに励むのは、アクセルを踏みながらブレーキを踏むようなもの。

まずは、糖化を促進する食べものはできるだけ避けようかな。

抗糖化作用のある食品、お茶

糖化物質と一緒に摂ることで、糖化を防いでくれる食品があります。

抗糖化作用のある食品は、モロヘイヤ、新しょうが、サニーレタス、ブロッコリースプラウト、ごぼう、レンコン、枝豆、アスパラガス、大豆など 。

実はいろんな野菜に含まれているそうです。
野菜ってやっぱり大事。

日常的に食べるためには、常備菜として手軽に摂りたいので、岩下の新生姜がスーパーですぐ買えてラクチン。
現在、我が家の冷蔵庫に常備されております。

週末に、岩下の新生姜と、玉子1パックを買いすべてゆで卵にしておいて、平日に消費していく、というのが最近のルーティンになっています。

お茶系だと、玄米茶、紅茶、甜茶、緑茶、どくだみ茶、ジャスミン茶などの健康茶に多い。

好みもあるので、ブレンド茶だと一番飲みやすいですね。
私は一度、甜茶を買ってみたことがあるけれど、あの独特な甘みが苦手で、最後まで使い切れませんでした…。

すでに糖化してしまった身体の救世主 よもぎ茶

これまで、溜まってしまったAGEsは分解できないとされていました。
(上に書いた食品は、あくまで予防できるもの)

が、

ヨモギには、既に蓄積されたAGEsを分解してくれる働きがあるらしい!

ヨモギ大好きなので、早速購入してみようと思います。

水に溶ける粉末なら、職場でも手軽に入れられそうだし。
小包装だとなおさら嬉しい!

うっかり糖質を摂りすぎてしまうならサプリで守る

糖化を防ぐためには、糖質を余分に取らないこと。
そうはいっても、おいしいスイーツの情報は溢れているし、疲れたときにはつい甘いものを取ってしまいがち。

私も、長時間の残業が続くと、どうしても帰りにコンビニで甘いものを買ってしまいます。
(それでも最近は、inバー プロテイン ベイクドチョコを選ぶようにしてる。ベイクドビターは置いてないから…)

そんな甘いものがガマンできないときに頼りたいのが抗糖化サプリ。

サプリの良いところは、うっかり甘いものを食べすぎた!なんて時に、後からフォローできるところですね。

スポンサーリンク



すでに肌に影響が…?肌に直接抗糖化ケア

肌がごわついたり、くすんでしまったり、すでに糖化による影響が出てしまっているなら糖化対策されている化粧品を使うという手も。

抗糖化をうたってる化粧品はあまり多くありません。

POLAのB.Aシリーズは、抗糖化化粧品の先駆け。
Red B.Aは、これからアンチエイジングを始めたい人のためのシリーズ。
B.Aシリーズに含まれている抗糖化成分は、よもぎから抽出されたPOLAオリジナルの保湿成分「YACエキス」です。

やはり、よもぎですよ…

ちなみにPOLAでは、『肌全層分析』というのをやっていて、以下の12項目について分析してくれます。

【1】エイジングのしやすさ
【2】糖化
【3】コラーゲン
【4】毛細血管
【5】キメ
【6】皮脂
【7】毛穴
【8】乾燥のしやすさ
【9】肌の保湿力
【10】肌のターンオーバー
【11】将来のシミの出来やすさ
【12】マイクロダスト抵抗力

これを受けるだけでも価値あるな!

抗糖花は糖化に着目したサプリメントやスキンケア商品・ヘアケア商品の専門店KOUTOUKAが販売しているスキンケア商品。
抗酸化専門のお店なので、信頼性が高いです。

含まれている抗糖化成分、セイヨウオオバコエキス・さくらの花びらエキス・よもぎエキス・フラーレン・EGF・芍薬エキス。

糖化に着目した化粧水 抗糖花ローション
株式会社アイカ
売り上げランキング: 247,975

ただ、お肌は化粧品で対処できても、頭皮には対処できません。
薄毛対策も考えるなら、身体の中から糖化対策するのが大事。

身体の中から薄毛・抜け毛対策をすると、結果的にアンチエイジングになる

基本的にズボラな性格で、これまでアンチエイジングにはそれほど気をつかっていませんでした。

大人の女性が美容に躍起になるのは、私が理想とする女性像とは違う気もするし。
(私の理想の女性像は、知的な美人)

だけど、頭皮に良い生活をすることは結果的にアンチエイジングであり、自分の健康とも向きあうこと。

そのために知識を身につけて、実践していくのは、単に美容目的というより、これから先の人生を楽しくするためにも必要なんだなと、アラフォーになって感じました。

一般的な生活を送っているだけで、糖化、老化が進む。

だからこれからは、ストイックになろうと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください