健康・美容

糖質制限をすると味覚も変化する

こんにちは、みかみ(@usugejyoshi)です。

少し前まで、「髪の栄養のため、少しでもたくさんタンパク質を摂らなくては!」と、この数ヶ月、ランチはこんな感じでした。

が、最近になってその食事内容にも変化が。

加工肉の味つけが苦手になってきた

ランチの定番メニューだった、

・丸善 PプロフィットSASAMI
・丸善 プロフィットささみプロテインバー

が食べられなくなってきました…。
他にも、サラダチキンなどが苦手になりつつあります。

どうやら以前より匂いに敏感になっているようです。
食べようと思えば食べることができるけど、口もとに持っていったときに、匂いで一瞬ためらってしまいます。

普通のお肉は平気なので、加工された肉の匂いがダメなのかな。

しかしそれらが食べれないとなると、タンパク質量が減ってしまいます。
そこで、ミックスナッツを食べるようになりました。

最近のランチは、

・素焼きミックスナッツ
・ザバス SAVAS ミルクプロテイン
・in BARプロテイン

あっさり目なので、満腹感になることもなく、それでいてタンパク質をしっかり摂れてるという、私にとってはいいバランス。

量が多いわけでもないですが、夕方になってもお腹が空かないです。
空腹感を感じてもミックスナッツで補給するので、罪悪感なく食べることができます。

甘いものにも敏感になった

味覚の変化としては、以前より甘い味つけのおかずが苦手になりました。

もともと甘い卵焼きとか苦手なんですが、久々にスーパーのお惣菜の肉じゃがを食べたら甘すぎて、食べるのがつらかった…。

スイーツとか、もともと甘いものは平気で食べれるんですけどね。

手軽に食べれる加工食品を体が受け付けなくなってるのは、身体が本来の感覚を取り戻しているのかな、と感じています。

以前に比べて、食欲そのものがなくなってきた。
再び急激に体重が落ちて、髪に影響が出ないように気をつけています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください