女性の薄毛治療方法

【体験者が説明】HARG(ハーグ)療法ってどんな治療?効果はあるの?


『何がなんでも薄毛を治したい!』
そんな思いでHARG(ハーグ)療法にたどり着いた方も多いのではないかと思います。

HARGとは、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生医療)の略。
再生医療と言われる理由は、治療が終わったあとも発毛し続けるからです。

このページでは、HARG(ハーグ)療法がどのようなものかご説明いたします。

HARG(ハーグ)は自分の体が持っている自己修復力を活性化させる

発毛させるには、2種類の方法があります。

【身体の内側から髪の成長の助けとなる成分を与える】
おもに内服薬。
ミノキシジルタブレット(ミノタブ)パントガールなどがあります。

【身体の外から発毛効果のある成分を与える方法】
外用薬(発毛剤など)、おもに塗り薬。
HARG(ハーグ)もこちらで、成長をうながす薬を頭皮に注射します。

育毛と発毛だと、ちょっと効果が異なります。

育毛は、今ある髪を健康にする、頭皮の状態を健康にするのが目的。
今の状態を維持したいなら育毛剤で大丈夫かもしれませんが、毛は生えません

以前のように戻したいなら、発毛することが必要です。

髪を増やしたいのに育毛剤を使い続けても、効果は得られないかもしれません。

発毛剤とHARG(ハーグ)では与える成分が違う

発毛剤の成分

発毛剤は、発毛効果が認められている医薬品です。
主成分はミノキシジル
ミノキシジルは外用剤としては世界で唯一、発毛効果を認められた成分です。

毛乳頭細胞に働きかけ、新しい髪の毛の発毛をうながしつつ、髪をしっかりと成長させることでヘアサイクルを正常にする効果があります。

発毛効果はミノキシジルの濃度によって変わりますが、日本で販売されている発毛剤の最大濃度は女性では1%です。

男性用にはもっと濃度が高いものがありますが、濃度が高まるとかゆみや炎症などの副作用の危険も高まるため、男性用のものは使用しないほうが良いです。

日本皮膚科学会でも、男性型には濃度5%、女性型脱毛症には濃度1%のミノキシジルを外用するよう、強くすすめています。

市販の女性用発毛剤としては、リアップリジェンヌが厚生労働省の承認を得て販売されています。

HARG(ハーグ)の成分

HARG(ハーグ)では、成長因子と、成長に必要なビタミン、アミノ酸等を混合したHARGカクテルと言われるものを頭皮に注入します。
※成長因子とは、細胞の成長を促すタンパク質。

成長因子を注入された頭皮は、活性化されて、自らが成長因子を分泌し続けるようになります。
そのため、治療が終わったあとも発毛し続けるということです。

発毛剤とHARG(ハーグ)では与える方法と場所が違う

発毛剤は、有効な成分を頭皮に塗ることで毛穴から成分が浸透します。

HARG(ハーグ)は頭皮に直接注射をして、毛の素となる細胞を活性化させます。
医療行為にあたるので、HARG(ハーグ)は医療機関でしか受けることができません。

HARG(ハーグ)療法のメリット、デメリットは?

HARG(ハーグ)療法のメリット

発毛率が高い!

クリニックによっては、発毛率99%と記載している施設もあるくらい確実性が高いです。

副作用がない

たとえば内服薬のミノキシジルタブレット(ミノタブ)はもともと血圧を下げる薬。
血管が拡張されることによって、血圧低下、めまい、動悸、ふらつき、手足のむくみ、吐き気など、元々の血圧を下げる効果による副作用が確認されています。

また、外用のミノキシジルでも、かゆみや炎症といった症状が現れることがあります。

それに対し、HARG(ハーグ)療法は使用する薬剤にアレルギー起因物質も入っていません。
アレルギーやガン化などの副作用もなく、老若男女問わず安心して受けることができます。

女性にも効果がある

男性の薄毛治療には、内服薬でも効果が確認されているものは多いです。
しかしそれらのほとんどが、女性には効果がなく、女性に効果があると言われているのは上に書いたミノキシジルのみ。

そんな中で、HARGは男女ともに効果が確認されています。

HARG(ハーグ)療法のデメリット

金額が高い

HARGの料金は、トライアル価格も含めて日本医療毛髪再生研究会で定められています。
※日本医療毛髪再生研究会は、HARG(ハーグ)療法の検証と施設認定を行なっている組織

>>>女性がHARG(ハーグ)療法をした場合、料金はどれくらい?

女性がHARG(ハーグ)療法をした場合、料金はどれくらいかかるのか 薄毛治療の効果がとても高いHARGですが、費用はちょっとお高めです。 このページでは、女性がHARG療法をした場合、どれくらいの費...

痛い

頭皮に注射をするので、痛いは痛いです。
しかしクリニックによっては麻酔を打ってくれるところや、痛みのない方法で注射をしてくれるところもあります。

私は注射方法の違いなどの確認したうえで、麻酔なしでやりました。

みかみ
みかみ
髪が生えるなら痛みなんて耐えられる!という気持ちでした

HARG(ハーグ)療法はどこで受けられるの?

日本医療毛髪再生研究会が認定する施設でのみ、受けられます。

HARG療法認定施設一覧

私が通っているクリニックも載っています。
たくさんあってどこで受けたらいいのかわからない…という方のために、ひとつだけご紹介しますね。

秋葉原中央クリニック


全国で最も症例実績の多い中央クリニックグループの1つ。
HARG療法認定施設には、男性の薄毛治療をメインとしているところが多いですが、秋葉原中央クリニックは女性の薄毛治療の実績が多いです。

電話やメールでも相談でき、無料カウンセリングも行っています。
気になる点は、すべて確認してみましょう。

無料カウンセリングを受けてみようと思ったら

ホームページを確認して、クリニックに問い合わせをしてみましょう。

基本的な料金は定められていますが、料金設定の方法がクリニックによって若干違います。
また、1回ごとに会計をすることができる施設もあれば、すべて一括で支払いなど様々です。

女性の薄毛におすすめのクリニック【無料カウンセリング】薄毛が気になりだしたとき、一番困るのが相談できる人がいないこと。 『髪のボリュームが薄くなってきた気がするのは気のせい?』 『今...

まとめ

HARG(ハーグ)療法についてなんとなくおわかりいただけましたか?

「なんとなく興味あるけどもうちょっとココが知りたい!」などありましたら、お気軽にご質問ください。
わかる範囲でお答えしますし、実体験に基づいたアドバイスができると思います。

お問い合わせはTwitterから。
またはお問い合わせフォームからご連絡くださいね。